スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PSO2】まさか、まさかの出来事でした。(パート2)

「おお、なんだかそれっぽいぞ!」

私の中の私が、そう言います。


このブログにも、地図の役割をはたすページが仲間入りをいたしました。


どうやって簡潔にまとめるか、それを考えるのは難しくもあり、
始めるに至った出会いを思い出したりもして、楽しかったです。
思えば、ここのことを詳しく書いたことがなかったんですね。

いつかお話する機会があれば…なんて、
おそらく、あの方々への言葉しか持ち合わせていないので、
あの人や、あの人の楽しさに憧れ、始めた、アークスの一人であるということだけを、
知っていただけていれば、それで充分です。





さて。
前回、遅れて向かった防衛戦で、
まったり会話を楽しみつつ、クエストに向かう方々に出会えて、
それが、またまた、Huのご助言をいただけて、
それだけでも私にとっては凄いことなのですが、
まだまだあります、パート2-!!

因みに、パート3まであります。



今回は、【採掘基地防衛戦:襲来】での出来事です。



大剣ギアを取得した私は、
時計を ちらちらと盗み見ては、
緊張を隠すためにロビーを走ったり、
最終的にはカウンターの屋根で座禅を組んでおりました。


全ては、【採掘基地防衛戦:襲来】に備えてです。


他にやることあるだろ!という、ツッコミはごもっともです。
でもイメージトレーニングで、私はいっぱいいっぱいだったのです。


  大剣ギアを充填しつつ、
  エネミーの出現場所からライドで一掃。
  2段階目の出現には、ウォークライをつかってOEで一掃。


その動きの練習をするために、
ハード推奨ブロックに待機して、
アナウンスを待ってました。

  あと1分!
  あと、おそらく数十秒!

そわそわしながら、
わくわくしながら、
アナウンスが始まると、
緊急待ちであることと、Huの練習中である旨を書いて、
自分のシップへと向かいました。


正直なところ、
誰かが入ってくれることを少し期待はしてましたが、
練習中の身の上で、緊急に行けること…それ自体が喜ばしいことなのだと、
4割は期待、6割は一人PTだと諦めてました。


ました!!!


ですが!!!


お二人です!!!


お二人も!!!

この、一匹だけ群れを離れて、野原の草を食べているような羊めに、おつきあい下さったのです!!
わーわーわー!
不甲斐ないけ私だけどありがとね!
嬉しいよー!
と、泣きながらはぐをしたい気持ちを抑えて、
普通に挨拶をし、話していると、お二人にも何やら思う節があったようです。
それはレベルだとか、私のように練習中だったりだとか…。


考えることは、みんな一緒!
不安に思う気持ちもみんな一緒!
だから、気にせずに わいわいやるPTなら わいわい やろう!!


そう、実感したことも何よりの実入りなのですが、
今回は、それだけに留まりません。


防衛戦:襲来の2周目が終わったころ。
29分ぎりぎりに3周目のクエストを、受けました。


ぎりぎりセーフ?
ぎりぎりアウト?


どきどきしながら、時間は平等に流れ、
クエストの受注時間を終了したアナウンスが流れます。

このとき、採掘基地に集合したのは、わずか5人。


ざわめきます。
私の心が、ざわめきます。


クリアー出来るかな?
それよりも、行っても良いかな?
人数が少ないし、行きたくないって考える人だって…いるかもしれない。


 行くべきか、行かざるべきか


PTリーダーとしての決断が迫られる時、
もう一人のアークスが降り立ちました。


  『さあ、行こう!私たちが守らなくて、誰が守るの!?』


しんしんと、降り積もった雪のようなイメージの女性が、
そう言いたそうにして、転送装置に向かって行くではないですか。
その姿をみて、(少なくとも、私はその背のお陰で)

 「行けるところまで!」
 「経験値も入るし!」

この防衛戦に向かう決心を固めました。
このとき、テレポーターに集まったのは、わずか4人。


よーっし!私が、たぶん一番レベルが高いから、
一団体さまくらいは、引きつけて一掃するのを頑張るぞ!


自然とコントローラーを握る手が強くなります。
少人数の防衛戦は初めてですから、緊張もします。

それでも、一番最初のダガンの湧く場所にちゃっかり待機して、
ちゃっかり、ライドで掃討する練習をしようとして、


  失敗しました。
  取り逃がしました。

  ほんとう、この時は、ごめんなさいorz
  2周目のときに成功したような気がして、調子に乗ってました。


近くに待機していたPTメンバーのお陰で事なきを終えましたが、
ここで、まだ慣れていない奥の手は控えることに決めました。


グワナーダの土中潜伏に翻弄され、
なかなか倒れてくれないラグネに「もうやめて!その塔のライフはもう0よ!!(まだ100ある内の10ダメージくらい)」と焦ったり、

ウォークライの再使用が可能になるまでの8秒の間、
ゴルドラーダの大群が塔になだれ込み、一瞬崩壊した姿が見えた気がして肝を冷やしたり、
そうしたら、PTの方が塔の前で構えくださっていて、事なきを終えたり…


  フォロー有難うございます…っ!!


そうして迎えた、最終ウェーブ!!!!
最終まで行けるのかというだけでもドキドキでしたが、
最終ウェーブをお出迎え!!
その言葉を見たかった!!!


    「最終だ!!」



自然と私たちの口から、そんな言葉がこぼれます。
それだけ真剣に、
それだけの緊迫感が、
この防衛戦にはありました。

ここから怒涛の、ビブラスの登場に加えて、ゴルドラの大群ですよ!
誰も、何も言っていませんが、自然と各塔に1人は待機していて、
手が空いている人が助太刀に向かうという体勢になっていた…ように思います。


  既に協力体制になっていたんです!!
  すごい!!


え、あ、私は出現位置からウォークライで引きつけるために、塔から離れてましたがry
それが出来たのも、討ちきれなかったエネミーを後方で倒してくださる方がいらっしゃったお陰ですね。


確実に、着実と、ゴルドラ達は散って逝き、
一匹残ったビブラスを打ち倒すと同時に告げられるクリアーの声に、


   「やったぁあああああ!!!」 


気が付いたら、叫んでました。
私も、他のみなさんも。
嬉しかったです。
クリアー出来たこともそうですが、
事前に示し合わせたわけでもなく、
こうしてクリアーを喜べたことが、とてもうれしかったです。
それだけ、みんな楽しんで、熱中していたわけですから!

そのあとも、興奮がやまずに、ちょっとおしゃべりもしたりして、
少人数の防衛戦も、良いものですね。



皆さま、お疲れ様でした!
お付き合い有難うございました!!


そして、リザルト画面で気づいたんですが、
ちゃんと5人いたようです。
5人目の方のお名前がちゃんと書かれておりました。

実はいらっしゃらなくて、しょんぼりしていたんですが、
私がまだまだ、未熟なだけでした…orz
 「戦況を、的確に把握する」
なかなか、難しいものですね…。
関連記事

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
大好きなサイト様
・リンクフリーに甘えて報告なし。
・お気付きになってもリンク返しは結構です。

全てが脂肪になる
ファルコム作品(他 / マリーさん
DCC
ファルコム作品(他 / エイルさん
Candy Wagon
世界樹の迷宮 / 羅那様 
R+
世界樹の迷宮 / アキヒトさん
プチルーレット
STING作品 / 杉川さん
はちみつシアター
FE(他 / AKさん
PSO2~これからblog 自分らしさから
PSO2 / フロルーさん
黒羊のPSO2堪能記録
PSO2 / 黒羊さん
はじめてみました、PSO2
PSO2 / ねこさん

 PSO2 / ふらさん

 PSO2 / kEnさん

 PSO2(他 / ごいちさん

PSO2ブログ巡回屋

PSO2 SA wiki
PSO2 攻略wiki


最新記事
最新コメント
【 リンク 】
このブログは、リンクフリーです。
貼るも剥がすもご自由にー!

管理人:のの字
URL:http://mmkr2.blog.fc2.com/


【 応援 】
【 管理用リンク 】
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。