スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PSO2】ドゥモニの重要性

ご無沙汰しておりました、こんにちは。

少しの休息のはずが、あれよあれよと2週間。
この間に、何があったかは想像に難くないかとは思いますが、
PSO2に飽きたわけではありません。


まるで、糸がぷっつんと切れたように、PSO2を進められなくなっていたので、
別のことをしようと実行していたのが、この2週間でした。


PSO2で遊びたい気持ちはあるのに、手につかない。
人と出会うのは楽しいのに、どこかへ行こうと思えない。


別のゲームをしたり、出かけたり、別の方向に気を向けて、
その原因を考えていたら、ふと思い出したことが1つだけ。



  そう言えば、最近は強化屋に行ってなかったなぁ…。



と言うのも、メセタがかなり貯まったので、SH用に武器を購入したのですが、
購入したのは、いわゆる「完成品」と呼ばれる類のものでした。


  その武器は、確かに強い。
  けれど、何かが違う。


そんな想いが、しこりになって積もっていった結果なんでしょう。


PSO2には、今まで私がやってきたゲームにはなかった「特殊能力の付与」を自分で出来る機能があります。
プロアークスにはお馴染みの、ドゥドゥとモニカのお店ですね。
今の武器を買うまでは、自分で試行錯誤をしながら、


  これで良いかな?
  うーん、まだまだ足りない!もう一回!
  あ、メセタがなくなったー!!!!!!


みたいな、激闘を繰り広げ、
偶然にも上手く出来上がった武器を前にすると、
ニマニマと笑顔を浮かべながら装備をした日が私にもありました。


  見てみてー!頑張ったの!!


学校のテストで90点を取った小学生が、
自慢げにお母さんに報告する、そんな気持ちです。
むしろ、自慢の息子に鼻高々なお母さんの方かな。

強化屋との格闘は苛立ちもありましたが、
それそれで楽し……かったのかなぁ…と、今なら思えます。



   自分が持つ武器は、自分の手で鍛え上げたい。



苦労した分だけ、愛着が持てる。
恐らくは、そういうことなんだと思います。

そして、可能な限り、自分の手で、その武器を見つけたい。


もしかしたら、そんなん当たり前だろ!とツッコマれるかもしれません。
そんなこと言いつつ、緊急クエストでは完成品でくるんでしょう?と思われるかもしれません。


ただ、このことに気付かずにいたら、
オラクルでの旅が苦しいものになっていたのは間違いないです。
だから、当たり前でも良いんです。
またオラクルの旅が、楽しいものになるのなら。


なので、購入した武器は自分がそれに見合うレベルになるまで封印です。
(但し、緊急クエストSHでは除く)


そうと決まれば、愛用武器で冒険だ!
スポンサーサイト

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

【PSO2】ちょっと一息、

旅を離れて、お絵かきを。

それでも考えることが、
PSO2のことばかりなのは、
きっと、この世界に魅せられているからだと、思います。


20395775385481be4015bf1.png
          「いーっ!!」
と、言っている(やっている)風に描きたかったんですが、
「歯に青のりついてるぞ」みたいな感じになっちゃいましたね。




そして、一枚。

pso20141212_001430_004.png

ふいに、空を見上げれば、
雷雲に目を奪われました。

急いでいたので、この一枚だけなのがとても残念なのですが、
晴れた空から雷空へと移り変わる、その瞬間の、
雲の流れや、落とす影が、あまりにも細かくて、
本当に、そこにいるような感覚が私の中に湧き起ります。


ずっと眺めていたい、そんな空模様。


  「空が、凄く綺麗」


このとき、一緒に組んだ方にそう伝えていたら、
同じ感動を共有できたのかもしれないなぁ…と、今になって思います。


また1つ、挑戦してみるリストに書き加えておこう。
何かを感じたとき、それが私にとって凄く楽しいことであったなら、
そのときご一緒した方にも伝えてみよう。

それが、再び「空」なのか、それとも別の何かは分からないけれど。

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

【PSO2】まさか、まさかの鉢合わせ(パート3)

この数日のまさかの出会い、まさかの出来事。
それらは全て、【採掘基地防衛戦】が始まりでした。


そして、

【採掘基地防衛戦:絶望】


向かった先は、共用のハード推奨ブロック。
向かったキャラは、なりきりキャラです。


ただし時間は、防衛戦が始まってから15分ほどが経過しておりました。


直ぐ始めるには時間が経ちすぎていて、
1周目を終えた方々を待つには微妙に長い、そんな時間。


取りあえず、受けてみるか…と受注して、
テレポーターで人が集まるのを待っていたら、なんと!


私のキャラとそっくりの人が、下り立ったではありませんか!


名前も服装も同じ…これは、確実に、
同じ、なりきりのキャラを作っていらっしゃる方でした。


ついうっかり「PTに誘う」を押してしまいそうになるほどです。
いつか、どこかで会えるかもしれないにしても、
こんなに早く出会えるとは思いにもよりませんでした。


さて、クエストの結果は力及ばず…、
残念ながら、採掘基地を守りきることは叶いませんでしたが。
これでおしまいかーとぼんやり思いながら、
拾った武器や防具をお店の店員に売りつけていたところ…


   ぴこぴんっ♪


うーん、音がなんだか違う気がいたしますが、
ウィスパーチャットによる、誰かからの接触です。


 もしかして…私、絶望戦で何かやらかした?
 ウォンドと大剣の武器切り替えをやりすぎた、とか、
 ゾンディールでゴルドラーダを塔から引き離すつもりが、
 前衛で戦っていた人たちからも引き離してしまったりとか、


思い当たる節もあり、
不安と緊張で、どっきどきに高鳴った胸を沈めつつ、、
そのウィスパーの差し出し人を見たら、なんと、
先ほどすれ違ったなりきりの人からです。


 「力不足で悪いな」


と、ご丁寧に声をかけてくださったのです。

この方、貢献度で上位に入るほどの実力者です。

この方が謝ることなんて、何一つなかったのですが、
テレポーターにいたときに二言三言交わしただけなのにもかかわらず、
こうして声をかけてくださったことが嬉しくて、
売るものもそこそこに、会話を続けておりました。


私が知らないことを、彼は教えてくれて、
彼が知らないことを、私が教えたり、
そして、良い意味で、ちょっとばかみたいな話を交わしたりもして。


恐らく、相手も同じ作品の同じキャラが好きだという意識が、
肩の力を抜いて話せた要因なのかなーと思います。

AWに台詞を仕込む、と意気込む彼に、
思わず フレンド申請を願い出る程度には。


またの縁を楽しみにする、というやり方もあったはず。
ですが、指が自然とその文字を打っておりました。


一緒に冒険に行けたら良いなー
フレンドパートナーを利用して、連れて歩きたいなー。
と、後者なんて下心丸出しですね。

好きなキャラのなりきりさん、だなんて、
じっくり眺めてSSを撮ったりしたい!!


なんて考えている間に、快い返答と、
まさかまさかの、「一緒にどこか行こう!」というお誘いが。
もちろん返答は、「いいねー!」だったような、気がします。


初めて向かった浮遊施設、
なりきりキャラでは初めての難易度VH。
ここでの出来事に泣きかけたりもしたけれど、
そのお話を書きだせば、
更に長くなりそうなので、何れの機会に。





なりきるのも楽しいですが、
なりきっているキャラに出会うのもまた楽しい。
それが、好きなキャラだったときには、殊更嬉しい。、

そのキャラと話せたり、
一緒の空間(クエスト)にいられることは、
すうぅっっっっごく嬉しいことなんです。


自分ではなんとも思っていない場所であっても、
とても喜んでいる人がいらっしゃるかも、しれませんね。

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

【PSO2】まさか、まさかの出来事でした。(パート2)

「おお、なんだかそれっぽいぞ!」

私の中の私が、そう言います。


このブログにも、地図の役割をはたすページが仲間入りをいたしました。


どうやって簡潔にまとめるか、それを考えるのは難しくもあり、
始めるに至った出会いを思い出したりもして、楽しかったです。
思えば、ここのことを詳しく書いたことがなかったんですね。

いつかお話する機会があれば…なんて、
おそらく、あの方々への言葉しか持ち合わせていないので、
あの人や、あの人の楽しさに憧れ、始めた、アークスの一人であるということだけを、
知っていただけていれば、それで充分です。





さて。
前回、遅れて向かった防衛戦で、
まったり会話を楽しみつつ、クエストに向かう方々に出会えて、
それが、またまた、Huのご助言をいただけて、
それだけでも私にとっては凄いことなのですが、
まだまだあります、パート2-!!

因みに、パート3まであります。



今回は、【採掘基地防衛戦:襲来】での出来事です。



大剣ギアを取得した私は、
時計を ちらちらと盗み見ては、
緊張を隠すためにロビーを走ったり、
最終的にはカウンターの屋根で座禅を組んでおりました。


全ては、【採掘基地防衛戦:襲来】に備えてです。


他にやることあるだろ!という、ツッコミはごもっともです。
でもイメージトレーニングで、私はいっぱいいっぱいだったのです。


  大剣ギアを充填しつつ、
  エネミーの出現場所からライドで一掃。
  2段階目の出現には、ウォークライをつかってOEで一掃。


その動きの練習をするために、
ハード推奨ブロックに待機して、
アナウンスを待ってました。

  あと1分!
  あと、おそらく数十秒!

そわそわしながら、
わくわくしながら、
アナウンスが始まると、
緊急待ちであることと、Huの練習中である旨を書いて、
自分のシップへと向かいました。


正直なところ、
誰かが入ってくれることを少し期待はしてましたが、
練習中の身の上で、緊急に行けること…それ自体が喜ばしいことなのだと、
4割は期待、6割は一人PTだと諦めてました。


ました!!!


ですが!!!


お二人です!!!


お二人も!!!

この、一匹だけ群れを離れて、野原の草を食べているような羊めに、おつきあい下さったのです!!
わーわーわー!
不甲斐ないけ私だけどありがとね!
嬉しいよー!
と、泣きながらはぐをしたい気持ちを抑えて、
普通に挨拶をし、話していると、お二人にも何やら思う節があったようです。
それはレベルだとか、私のように練習中だったりだとか…。


考えることは、みんな一緒!
不安に思う気持ちもみんな一緒!
だから、気にせずに わいわいやるPTなら わいわい やろう!!


そう、実感したことも何よりの実入りなのですが、
今回は、それだけに留まりません。


防衛戦:襲来の2周目が終わったころ。
29分ぎりぎりに3周目のクエストを、受けました。


ぎりぎりセーフ?
ぎりぎりアウト?


どきどきしながら、時間は平等に流れ、
クエストの受注時間を終了したアナウンスが流れます。

このとき、採掘基地に集合したのは、わずか5人。


ざわめきます。
私の心が、ざわめきます。


クリアー出来るかな?
それよりも、行っても良いかな?
人数が少ないし、行きたくないって考える人だって…いるかもしれない。


 行くべきか、行かざるべきか


PTリーダーとしての決断が迫られる時、
もう一人のアークスが降り立ちました。


  『さあ、行こう!私たちが守らなくて、誰が守るの!?』


しんしんと、降り積もった雪のようなイメージの女性が、
そう言いたそうにして、転送装置に向かって行くではないですか。
その姿をみて、(少なくとも、私はその背のお陰で)

 「行けるところまで!」
 「経験値も入るし!」

この防衛戦に向かう決心を固めました。
このとき、テレポーターに集まったのは、わずか4人。


よーっし!私が、たぶん一番レベルが高いから、
一団体さまくらいは、引きつけて一掃するのを頑張るぞ!


自然とコントローラーを握る手が強くなります。
少人数の防衛戦は初めてですから、緊張もします。

それでも、一番最初のダガンの湧く場所にちゃっかり待機して、
ちゃっかり、ライドで掃討する練習をしようとして、


  失敗しました。
  取り逃がしました。

  ほんとう、この時は、ごめんなさいorz
  2周目のときに成功したような気がして、調子に乗ってました。


近くに待機していたPTメンバーのお陰で事なきを終えましたが、
ここで、まだ慣れていない奥の手は控えることに決めました。


グワナーダの土中潜伏に翻弄され、
なかなか倒れてくれないラグネに「もうやめて!その塔のライフはもう0よ!!(まだ100ある内の10ダメージくらい)」と焦ったり、

ウォークライの再使用が可能になるまでの8秒の間、
ゴルドラーダの大群が塔になだれ込み、一瞬崩壊した姿が見えた気がして肝を冷やしたり、
そうしたら、PTの方が塔の前で構えくださっていて、事なきを終えたり…


  フォロー有難うございます…っ!!


そうして迎えた、最終ウェーブ!!!!
最終まで行けるのかというだけでもドキドキでしたが、
最終ウェーブをお出迎え!!
その言葉を見たかった!!!


    「最終だ!!」



自然と私たちの口から、そんな言葉がこぼれます。
それだけ真剣に、
それだけの緊迫感が、
この防衛戦にはありました。

ここから怒涛の、ビブラスの登場に加えて、ゴルドラの大群ですよ!
誰も、何も言っていませんが、自然と各塔に1人は待機していて、
手が空いている人が助太刀に向かうという体勢になっていた…ように思います。


  既に協力体制になっていたんです!!
  すごい!!


え、あ、私は出現位置からウォークライで引きつけるために、塔から離れてましたがry
それが出来たのも、討ちきれなかったエネミーを後方で倒してくださる方がいらっしゃったお陰ですね。


確実に、着実と、ゴルドラ達は散って逝き、
一匹残ったビブラスを打ち倒すと同時に告げられるクリアーの声に、


   「やったぁあああああ!!!」 


気が付いたら、叫んでました。
私も、他のみなさんも。
嬉しかったです。
クリアー出来たこともそうですが、
事前に示し合わせたわけでもなく、
こうしてクリアーを喜べたことが、とてもうれしかったです。
それだけ、みんな楽しんで、熱中していたわけですから!

そのあとも、興奮がやまずに、ちょっとおしゃべりもしたりして、
少人数の防衛戦も、良いものですね。



皆さま、お疲れ様でした!
お付き合い有難うございました!!


そして、リザルト画面で気づいたんですが、
ちゃんと5人いたようです。
5人目の方のお名前がちゃんと書かれておりました。

実はいらっしゃらなくて、しょんぼりしていたんですが、
私がまだまだ、未熟なだけでした…orz
 「戦況を、的確に把握する」
なかなか、難しいものですね…。

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

【はじめまして、】こんにちは!

 このブログについて、

好きなものを、感じたことを、
のんびり気ままに、書いております。

現在は主に、「PSO2」に関することですね。

とある方のブログを読んで、
そのわくわくと、どきどきに触発された1人のアークスの、
誰かと出会えた嬉しさを書き記した、冒険録です。


PSO2以外のお話をすることがございます。
また、二次創作の範囲内で、同性同士が恋愛にいたる場合は、
記事にパスワード制限をかけますので、苦手な方もご安心…できると良いな。
(そこにある時点で苦手な方は、ごめんなさい…)


 ジャンルについて、

PSO2
・その他ゲーム、アニメ
(FE、ガガーブ、空の軌跡、STING作品、ラストエグザイル…etc)


 キャラクターについて、

キャラ名とプレイヤーIDネームは、公開してません
Ship9(ハガル)とShip6(ケン)で、

・眼帯の人:デューマン/BrHu(Gu、Bo)
・なりきりA:ヒューマン/TeBr(Hu、Fo、Bo、Ra)
・黒い人:デューマン/BrHu(Bo)
・白い人:デューマン/BrRa(Gu)
・白い子:デューマン/HuFi(Br)

・(???:デューマン/BrBo)
・(なりきりB:ヒューマン/HuBo)
・(師匠:ヒューマン/HuFi)
・(赤い子:ニューマン/Bo)
・(なりきりC:ヒューマン/HuBr)

新規キャンバス2

で、遊んでます。
どちらにいるかは、その時の気分次第!


 リンクについて、

リンクフリーです。
いつでも、好きなときに、
貼ったり剥がしたり、ご自由にしちゃってください!

管理人:のの字
ブログ名:のんべんだらり、と。
URL:http://mmkr2.blog.fc2.com/
バナー:
fc2blog-mmkr2.png

【PSO2】まさか、まさかの連続でした。(パート1)

それは、まさしく少女漫画の1ページのように。

寝坊した主人公が、パンをくわえて走っていたら、
曲がり角でヒロインと衝突…のような、いえ恋は始まらないんですけども。


と、本題へと移る前に。
まさかの一つ、お礼と共に。
通りすがりの同僚に宛てて。

この宛て方、微妙にぼかしているようで、ぼかせていない気もしますが、
気にしない気にしない。

まずは、こうして足跡をくださり、有難うございます!!
それだけで嬉しいです!
私は、ぽちっと押すだけでも緊張するのですが、
こうして一言添えていただけるというのは、本当に有り難いことなのです。
アークスさんにも良い出会いがありますように!

でも、まさか、そこですか!wと突っ込んだのは秘密ですw







それは、ある日のことでした。

数日ほど、まとまった時間をいただいて、
アークス業に勤しんでいたときのことです。


この間のヒーローのような格好いいロビーから、
赤と緑と白のコントラストが可愛いクリスマスロビーへと、
季節を変えたアークスシップ。

ツリーのリボンの大きさに、可愛いと感じたり、
雪に埋もれる生首に挑戦しようとしてみたり、
それとは離れて、マターボードを進めてみたり、
それはそれは、とても楽しい日でした。


そして、ちょっと一息。

マイルームに戻って、ぼーっとしていたら、
(白状すると動画を見てました)
気が付けば、【採掘基地防衛戦】が始まっているではないですか!
予告になかった、本当の緊急ですね。

これがまだ、5分かそこらなら焦ることもなかったのですが、
始まってから20分が経過していたのです。


平日の昼間で、20分が経過しているこの状況。
ソロ防衛戦になることも覚悟して、
ひとまず、期待を胸に、PT募集をしているところがないかを調べたら…


     あ り ま し た !

やった!ばんざい!!
なんだか入りやすそうな雰囲気!
コメントもあって、プレイスタイル「誰でも楽しく」
これは運命だ!!
きっと私も呼ばれてる!!


Hu…もとい、大剣の練習をしたかった私は、
難易度Hで、そのPTに突撃しました。

挨拶もそこそこに、
まったり会話をしながら12人が集まるのを待ち、
(この会話がまた、穏やかな雰囲気だったので、
 これはきっとこのお二人の人柄が出ていたんだと思います)
CO産のレベルの高さ(Huレベル50を過ぎてたので)驚かれたりもしつつ、


脱ギルティOEのHuマン!
それ以外のPAも使い分ける華麗で格好いいHuに私はなる!

(そのあとはBr/Huで刀と大剣を使い分け、
 Br/Guで弓と銃を使い分ける予定なのです)

と、意気揚々と向かっていったわけですが、
結局のところ、OE頼みの戦い方にうな垂れました。


泣きたい。
公式の動画などでは、大剣に乗って多くの敵を翻弄しつつ薙ぎ払っていたり、
マルチですれ違った大剣使いさんは、
剣から衝撃波を飛ばして遠くの敵にも対応したり、
それはもう、格好いいのです。


すると、しょんぼりしていた私を見かねてか、
PTの方がアドバイスをくださりました。

  「大剣ギアの取得」

ええ、すっかり、うっかり、忘れてました。
そして、その必要性も、理解していなかったのです。

Brでも刀ギアは取っているんですが、
理由が主に「ガードからの一閃が格好いい!!」
それだけです。
大剣のギアも、それと同じだとばかり思っていたわけですが…。

先輩方に石を投げられそうですね反省してます。


ちょうどその時点で、レベルが1つ上がっていたので、
そのSPを大剣ギアに振りました。
向かった先は、練習相手を求めて初の海底へ!


刀ギアと違う仕様にあわてふためきつつ、
今日も今日とて大剣の練習に勤しんでます。




「剣に乗って多くの敵を巻き込めるPAを使いたいです!」
としか言えなかった私に、
「ライドスラッシャー」だと瞬時に気付いていただいて、
Huとしての経験があるPTの方々に出会えた巡り合わせに感謝!!


ひとまず、ギアを取れば何とかなる!と思って、
それ以上は聞かずにギアを取ったのですが、
前述したように、刀ギアと違う仕様だったので、
もっと踏み込んでお話を聞きにいったら良かったなぁ…っと思います。


   大剣ギアは、時間経過と共に減る。


つまり、貯めるタイミングと使うタイミングを考えるのも、
重要になってきそうですよね。
(刀ギアは、カウンターをしなければ減らないのです…)


まだまだ、ギアとライドを使いこなすのに時間がかかりそうですが、
今度お会いしたときは見せたい!
大剣に乗って華麗に敵を薙ぎ払う姿を!!

そして伝えたいですね。
今回のお二方だけでなく、
OEが、ガードで途中キャンセルを出来ると教えてくださったあの方も含めて、
大剣使いとしての一歩を踏み出せていることの感謝を。


いつか、直接、その動きを以って。

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

【PSO2】 あの日の彼らは何処へと


ようっし!!通常クエストでのPTにも参加してみるぞ!!!


意気揚々と向かった先は、「[共用]ビギナー推奨ブロック」でした。


 色んな人と遊びたい!!


ただその一心で、
恐らく、同じ思いの人が多そうな、
そんなイメージのあるブロックに向かいます。


普段から私もそうは思っていましたが、
結局、誰か来ないかと期待して、
自分からのアクションを起こすことを躊躇っていたのです。


「迷惑だったらどうしよう?」
「上手く話せずに気まずくなったら…」
なんて、考えて、一歩を踏み出せずにいたのです。


ただ、そうやって怖がっていたら何も変わらないままだよなー…と、
思い直して、目指すは華麗なPT(参加)デビュー!
これが出来てはじめて、
私はオンラインゲー初心者から一皮めくれるような気がします!


いつでも、どんなときでも、
マルチに必ず人がいたビギナー推奨なら、誰かと出会えるはず!!
頑張れ!わたし!!!



…。
……。



(´・ω・`)


結果:誰も、いなかった、です。

クエスト中のすべてのPTを探しましたが、
1人として、受けている人が、いない、という事実。

そんなときもありますよね。
平日の昼間でしたからね。
まさか、私が来るのを察して、皆さんクエストを切り上げたとかそんなことはry


華麗にPTデビューとは行きませんでしたが、
Guの練習が出来たので、結果オーライということで。


pso20141202_192922_002.png
暗いなぁ…と思ったら夜になってました。
火山洞窟は苦手意識があったんですが、
険しい岩陰から空が覗くのも、綺麗ですね。
今度は晴れた空を見たいなぁ。

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

【PSO2】船4:アンスール

◆遺跡

~君を待つ悠久の大地へ~

そんな某ゲームのCMが頭を過ぎる、遺跡の塔。
遠くにそびえ立つ、あの塔には、いったいどんな冒険が待っているんでしょうか。
是非とも、攻略したいものです。

pso20141117_104145_003.png
明け方の様子。

pso20141117_104157_005.png
そして、夜。
煌めく星々に、淡く光を灯す塔。
濃い紺色の空が、とても風情を出していました。

この塔に行きたいなぁ…。


 半年後の発見
pso20141110_204810_005.png
こちらは、打って変わって、まさか行けるとは!!な写真です。
半年経って初めて知りました。
ショップエリアのゲート上なんですが、飛び移れるんですね。
こういう発見も、とても楽しいです。

 百鬼夜行
pso20141110_125425_004.png
さすがに、妖怪相手にこれは無理。

 折られた剣は、誰のもの?
pso20141110_125305_002.png
戦の傷跡…だと思うのですが、
これを握っていた人達は、いったいどんな人だったんでしょうね。
Ep3にいくのが楽しみですね!

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

【PSO2】デュマ男Brはこうでなくっちゃね!!

PSO2を始めたキッカケは、
初めてファンタシースターに触り、選んだ種族、デューマンと、
その時のクラス:ブレイバーが追加されという情報を耳にしたからです。

私にとってデューマンは、
この作品に引き会わせてくれた、かけがえのない種族であり、
思い出の詰まった存在です。


何が、どこが、…と、具体的な言葉で、
上手く説明が出来ないのですが、
どんなに色んな方々のブログを読もうとも、
PSO2にデューマンとBrが存在しなかったら、
私は、PSO2を始めていなかったと思います。


大好きな種族と、
大好きなクラスが、
今後も色んな方々に触れてもらえますように。


2014-1027b.png

PSO2のデューマンBrと言えば、やっぱりカイゼルハウト!
どんなに別の衣服に着替えても、
やっぱり、これが恋しくなります。
描くのはとても難しかったですが(笑)

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

【PSO2】ちょい悪アークス、その続き

ちょっと魔法界に旅立っていたら、
いつのまにか前回の記事から1週間以上経っていた事実に動揺を隠せません。

こんにちは12月、2014年もあとわずか!びっくりですね!!
さて、前回からのカジノエリアへ向かった話の続きをば。



絢爛豪華なカジノエリア!
ずっと憧れだったカジノエリア!!
大人の証、カジノエリア!!



そして、そこで、私は自分の浅はかさを痛感しました。



そう、PSO2はあくまでも仮想空間。
電子空間なのです。


スロットに座っている人たちの手元が見えない…!!!
つまり、何をやっているのかさっぱり分からない!!!!
おまけに、メセタンシューターも何かに包まれていて分からない!!!


スロットに関しては、まあ…「ですよねー」って思ったんです。
でも!メセタンは!!!
メセタンは、お祭りの射的みたいに、周囲からでもその様子が見られると思ってたんです!!!


     がってむ



呆然と立ち尽くしている私をよそに、
女の子からのアナウンスがカジノ中に響きます。

「スロットエリアで大当たり」、と。

少し離れた場所に、頭上から光が射しているアークスが喜んでいるようでした。
恐らく、この方が大当たりを出した方なのでしょう。


「勝ち方」を見て取れないからといって、
ぼーっと突っ立ているわけにもいきません。

それはそれ、これはこれとして、気持ちを切り替えて
一先ず、遊んでみなくちゃ分からない!!!


なので、比較的易しそうなスロットを選択することにします。
何故なら、私はシューティングゲームが大の苦手です。
「遊ぶ」という言葉を使いましたが、今回は遊びではなのです。

私が目当ての商品を交換出来るか否かの、
カジノとのがちバトルなのですから!
メセタンシューターで遊ぶという選択肢はないのです!!!
(でもいつか遊びたい)


そんなわけで、スロットで試しに遊んでみたら、
あれよあれよ、と言う間もなくカジノコインが900枚!!!


おかしいですね。
こわいですね。
これこそが、カジノの洗礼!!

ひよっこのギャンブラーが、どんなに格好を付けたって
簡単には勝たせてくれない、それがギャンブル!!
それくらいは、映画とかでよく見ていたので知っているのです!!



これが、負けず嫌いに火が点いた瞬間でした。



ラッピーだって言ってます。

勝つまでやめなければ負けはない!!!


※ただし、台を変えないとは言ってない。


正直なところ、カジノに関しては何の情報も収集していなかったのですが、
台を選択する際に、なにやら回数のようなものが表示されており、
回数のことは無視して、メーターが3つ埋まっているものを選んで遊んだのが先ほどの結果でした。

次の台は、回数が多いものを選びます。


0回や、2~3回といった一桁のものが多い中、

やはり、ありました。
極めて、回数の多い台が。


流石に60回や100回といった数字はありませんでしたが、

23回

これだけの実績がある台であれば、あるいは…。


夕飯の時間まで、あと4時間。
それまでに勝負を着けなければなりません。
900枚から5000枚を貯めなければならないのです。

この台の実績回数と、ラッピーの「ここは大丈夫」という言葉を信じて、


ベット数は!!当たるまで連打!!


今振り返って思えば、よくそんな思い切ったことをしたな…と思います。
ですが、

1時間で7000枚が貯まるとか、さっきまでの外れっぷりはどこいったの!?


違う意味で戦慄しました。

「大当たりィ~!」と、
先ほどの台では「良いなー!私も早く呼ばれたいなー!!」と思っていたのが、
この台では、数十分足らずで叶ったのです。


そこで止めておけば良かったものを、
人間というのは業の深い生き物でして、

10000枚、貯めてみたい

そんな欲が湧いてきました。
1000枚あれば、目的のチケットを2枚入手できるわけです。
この台なら、それも簡単に実現できるはず!!



      ~数時間後~



私の手元に残ったのは、4000枚ほどのコインでした。


欲をかいた瞬間に、運の女神さまはその人の下から去ってしまうようです。

2000枚からは確かに増えましたが、
目的のものと交換出来きないという結果は、私の負けといえるでしょう。

幸運は、長くは続かない。
皆様も、残りのコイン数にはお気をつけて。



その後、カジノパスでコイン1000枚分を宛がい、
目的の品をゲットした私がどうなったかというのは、また別のお話で。

そろそろ火山洞窟へ、探検に参りましょうか。

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
大好きなサイト様
・リンクフリーに甘えて報告なし。
・お気付きになってもリンク返しは結構です。

全てが脂肪になる
ファルコム作品(他 / マリーさん
DCC
ファルコム作品(他 / エイルさん
Candy Wagon
世界樹の迷宮 / 羅那様 
R+
世界樹の迷宮 / アキヒトさん
プチルーレット
STING作品 / 杉川さん
はちみつシアター
FE(他 / AKさん
PSO2~これからblog 自分らしさから
PSO2 / フロルーさん
黒羊のPSO2堪能記録
PSO2 / 黒羊さん
はじめてみました、PSO2
PSO2 / ねこさん

 PSO2 / ふらさん

 PSO2 / kEnさん

 PSO2(他 / ごいちさん

PSO2ブログ巡回屋

PSO2 SA wiki
PSO2 攻略wiki


最新記事
最新コメント
【 リンク 】
このブログは、リンクフリーです。
貼るも剥がすもご自由にー!

管理人:のの字
URL:http://mmkr2.blog.fc2.com/


【 応援 】
【 管理用リンク 】
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。