スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PSO2】ちょっとだけ

朝の時間に少しだけインをした。


穏やかなロビーの曲に聞きながら、早起きなチムメンに挨拶。



ぼけーっとしたり、ちょっとだけキャラクリを弄ったり、
溜まりに溜まったクライアントオーダーの数を見て、見なかった振りをしたり。



折角久し振りにオラクルの世界に来たのだから、ちょっとだけクエストに行ってみようと黒の領域へ。



500ポイントを貯めなければボスと対戦出来ないのが面倒だなぁ…と思いながら、

あっという間に貯まったポイントにちょっとだけ驚いたり、

ボスを倒すのがちょっとだけ早くなったり、

もうちょっと遊びたくて次は海岸探索に行ってみたり、

刀の攻撃が海岸のボスに届くことをそこで初めて知ってみたり、





そんな、ちょっとだけの積み重ねがとても楽しい時間になりました。



やっぱり、PSO2が好きだなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : PHANTASY STAR ONLINE2
ジャンル : オンラインゲーム

【PSO2】去年のお話2つほど。

さて、去年に書きたいと言っていたお話を2つ纏めて、残しておこうと思います。
本来なら去年のうちに済ませておくのが筋というものなのかもしれませんが、
やっちまったなー!気が付いたら10日だったよ!Σ(ノ≧ڡ≦)



◆アルチで出会ったガンマン二人。
これは何時のころだったのか記憶が曖昧なのですが、
チムメンの兄貴とナベリウスのアルティメットクエストに行っていたときのこと。


  『○○さんがPTに参加しました。』


突然の来訪者2人に思わずわくわく!
どんな人が来るのだろう?と思っていたら、
なんとまあ…装備がとても凄く強い人。


それも二人。


やべぇよ…おれ、今、急ごしらえのオロチアギト氷しか持ってねぇよ…なんて、
内心では申し訳なさでガクブルしながら進めていたわけですが、
ある時ガンマンさんが


「兄貴さんのことは見たことがありますw眼帯さんとは一度ご一緒したことがありますよw名前が特徴的だったので覚えてました」


とのこと。


兄貴はそりゃあね…装備がとっても凄いから、誰かの記憶に残っててもおかしくないんですがね。


私もですかああああああああああ!!!???


と、画面の前で焦りと脳のフル回転。

TAか、デイリーか、それともそれとも…と思いだそうとしても思い出せず、最終的には「ごめんなさい…覚えてなくて」。

こういうこと(再会)ってあるんだなぁ…と思いながら、お別れをしたのでした。
思い出せないことは、自分の記憶力に負けた感じがするので、
これからはなるべく文字で残しておきたいとも思った出来事です。


「なるべく」ね!


最後に『楽しかったです』のGJにほっこりした、そんなアルチなのでした。




◆二人きりの極限状態

勿忘草のキャス子ちゃん。
インしたときにお声をかけてもらって、2人で「チャレンジクエスト:決断」へ向かうことになりました。

少人数のチャレンジクエストは初めて(ソロでなら何回か行こうとして1ステージ目で敗れました)で、
どきどきワクワクしながら合流地点へ向かいます。


「刀が出たら差し上げますね」


キャス子ちゃんからの粋な計らい!
ぶっちゃけ刀以外、まともに扱える自信がありませんでした!
刀でもまともに扱えるとは言ってなryげふんげふん。


お礼を言って、ドキ★二人だけのチャレクエ:決断のスタートです!


一回目:ジェットブーツ、ライフル(どちらもPAあり)
二回目:ジェットブーツ、ライフル(ライフルPAなし)
三回目:ジェットブーツ、ナックル(ジェットブーツPAなし)


まって☆

せめてガード出来る武器がよかったですよね!
1回目はなんとか2ステージ目までいけましたが、
2回目、3回目はスノウにやられて敢え無くタイムオーバー!

3回目のナックルでキャス子ちゃんがとっても良いタイミングで、
エルアーダにスタンをいれてくれたっていうのに!


わたし?


ジェットブーツで弱点をねらえずに、ぺちぺちと体を叩いているだけでした。


でも、やいのやいの言いながらのチャレクエはとっても楽しかったので、
また時間が合ったらぜひとも再チャレンジしていですよね!チャレクエだけに!!




それでは、次回の「アークスログ」で。

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

【PSO2】おかえりなさい、の唄


体感ひと月振りのログイン。

向かった先は地下坑道(コフィーさんのクライアントオーダーを済ませるのも兼ねて)。

のんびり1人で回りたかったので何も書かずにクエストへ。

何も考えず、とりあえず、何となく倒したくなったエネミーを倒して、
面倒な敵は素通りして、現れたラタンラッピー。


コフィーさんが「早く奥へ行かないとと地下坑道探索許可は下ろせませんよ!」
と言っているのに対しては、聞こえない振り。


小さい体で唄を披露してくれるラッピーに癒された今日なのでした。

pso20151102_113824_003.png

ラッピー「おかえりなさい、ぼくの唄でお出迎え」


なーんて、言ってくれてるような気がしたのです。

【PSO2】巷で出会った気になるあの人



さて、チャレンジクエスト『決断』にブーストがかかっていたときのこと。



今回は、チームメイトを引き連れてチャレンジクエスト『決断』に挑戦!


…の前に、PTを組ませてもらった人が何やら準備をしている様子。





ちょっと空いたこの時間に、
「チャレンジロビーの渡り通路の上」
アーチ状になっている柱の一番向こう側へ行ってみよう!!



途中で何度も落ちて、一度もたどり着けなかったこの場所へ。



お月見ロビーのお陰で操作下手、ジャンプ下手でも一番先に向かえる方法を知ったのでレッツ チャレンジ!!!



必殺!! ロビーアクション フォトンチェア!!!!!



飛距離もジャンプ高度も飛躍的に伸びたお陰で、
いとも簡単にチャレンジカウンターに一番近いアーチ状の柱の上に辿りつけたわけですが…。




そこにはなんと先約が。



pso20150911_211729_000.png




良い体つきをしたおじさんのブーメランパンツ姿!!!!!


このSSじゃ分かりづらいのが申し訳ないのですが、
肉体美を見せつけるかのようなコス。
肉体美をさらに際立たせるデューマンスキン。



思わず、しゃがみこんでオンラインステータスに「良い筋肉ですね!」と書いてしまいました。



返信はなく、
けれど、対面して座りこんでくれた名も知らぬ筋肉メンは、筋肉界の紳士と呼べると思います。



見つめ合うも、数十秒。



チームメイトが準備も終えたので、
こっそりGJを送り、ロビアクの礼だけをしてチャレンジクエストへと向かうのでした。




いやあ、良いものを見れた…と思いつつ、数日後に再びチャレンジロビーへと降り立つと…



スクリーンショット (2167)




GJどころかフレンド申請もいただきましたッ!!!!!




クエスト中に申請したりGJを送ると通知が気になるから、もしかして落ちるまで待っていてくださったの!?


どこまで紳士なの!!??

ナイスガイとお呼びするべきなの!!??



そして筋肉紳士メンは、GJもフレンド申請文も実に筋肉愛に溢れております。
わたしのノリにもついてきてくださるし、実に良い方です…本当に。



そんなこんなで、いつかまたお会いできることを願って、
GJでのやり取りをしつつチャレンジクエストに向かうのでした。




ちょっと暇な待ち時間、ふらっとどこかに遊びにいって、
そこで出会った人とこういう繋がりを持てるのは、かなり嬉しいものですね。

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

【PSO2】楽しい、と感じるところ

まったり、まったり
pso20150910_183711_000.png
今回は、火山洞窟をのんびり探索。

ちょっとした隙間から差し込む光。
こんな細かいところまで作り込まれているんだなぁ…と思うと、
なりきりBさんはこのペースで、じっくりぷそつーの世界を歩いて行きたいと感じます。


楽しいチャレンジ
pso20150908_124055_000.png
笑いあって、声をかけ合って。
野良のチャレンジにもそういうところがあるから、
何度でも挑戦したいと思うのです。
マルチでご一緒した方々に、感謝。



「みなさんはお知り合いですか?」 「いいえ、初対面です」
pso20150913_233143_037.png
言葉をかければ、声が返ってくる。
私は、そういう場所が好きみたいです。


このお話は、カジノエリアにて。
ルーレットで盛り上がっている人たちがそこには沢山いらっしゃいました。


 「くそう!」
 「おめでとう!!」
 「やったぁあああ!!」


外した者は悔しがり、そして祝い、当たった人は喜んで。
三者三様の反応を見せながら、
本物のカジノにいるかのようなこの空気が堪らなく気になって、声をかけてしまいました。



 「こっそり混ざってすみません。みなさんはお知り合いですか?」



もしそうであるならば、邪魔をするのは悪いからブロックを変えよう。
そう思っての言葉かけでした。



 「私は初対面ですw」



返ってきた言葉で分かったことは、
どうやら皆さんは、自然とここに集まって、自然と盛り上がっていたらしいこと。


そのあとは、眠くなる時間まで私も混ざって、
ルーレットの結果に阿鼻叫喚を一緒になってもらしてました。


それが実に、楽しい。




 「今度はみんなで同じ場所に賭けない?」



誰かがそう言えば、



 「俺は乗る!」
 「おkw」
 「いいよー!」



と言葉が返る。

乗りたくない人は乗らなくて良いし、
乗りたい人が乗る。

わたしも1マスは同じところに賭けたりもして、



 「コイン山積みにならなかったw」
 「しょぼいw」
 「要望に出そうw」



そんな声が響き渡るカジノエリア。
言葉の一つ一つが楽しんでいて、私もとても楽しかったです。
結果としては赤字でしたが、楽しみ料としては儲け…ではないでしょうか。


こんなカジノの空気でまた、楽しみたいなぁ。









さて、ここで話は変わって集会のお話を。

ここから先は、集会を楽しまれた方にはあまり良い気分にならないかと思いますが、
感じたままを正直に書かせていただきます。



過去に参加したものも含めて「集会」と呼ばれるものにも3回ほど参加してみました。



同じものが好きな者同士が集まる会。



どんな話が聞けるだろう?
どんなことを話そうか。



そんなことを考えながら、集会場所に向かいます。


その目の前に広がっている世界は、
おそらくこの機会を逃せば滅多に見られないであろうもの。


ずっと好きだったものが、そこにある。
自分と同じように"それ"が好きな人が、目の前にいる。


そのこと自体は、とても嬉しいものでした。



ただ、私が求めていたものとは違ったのです。
一回目で気付けよ、というお話なのですが。



SS撮影。
キャラの魅せ合い。




私が求める楽しさと、ここに集まっている方々の求める楽しさは、
ちょっと違うんだなぁ…と、しみじみ思ったのであります。


だから、今後は「集会」と呼ばれるものの集まりに参加することはありません。

Br(仮)だけのチャレンジ!とか、Br(仮)への愛を叫べ!みたいな何をするかはっきりしている集まりには…参加しちゃうかもしれませんがw
むしろ自分で開きたい、と思いますが。



でもね、
カジノでの集まりと、参加したこれらの集会と、何が違うんだろう…と、今でもその違いが分かりません。

何が、違うんだろうなぁ。

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

【PSO2】何も意味はないけれど。

とある方の言う「白線を歩く遊び」で思い出したことが1つあります。


いつものようにチームの人たちとPTを組んで遊ぼうとしていたとき、
他の3人は何やら準備をしていたようでした。


自分は一応準備自体は終わっているので、手持ち無沙汰なこの数分。



ロビーアクションの「側転」をしました。

壁に向かって。


pso20150910_110159_003.png
こんな感じ。


通路の敷居みたいなところに引っかかって、
この場所で延々と「側転」をすることになる白い人。


これが地味に楽しい。



 竜の旦那(チムメンさんの1人)が「がん君何やってるの?



と、白い人の様子を見て聞いてきます。



 私「床に向かってバク転!」

(実際は側転だったし、床じゃなくて壁にだったけど、
 ログをみて気が付いた程度には気付いてなかった)

 私「延々とするから地味に楽しい!」



そこから始まる、チムメンさん達の側転やバク転ショー。
ん、ショーと言うのかな…。


派手な楽しさとは違うんだけど、
この意味のない(延々と繰り返す)行動の楽しさに魅了されていく他の3人。


側転やバク転をし始めて、
持ってない人は購入したりして。




 竜の旦那「双銃ちゃん(もう一人のチムメン)までw



とか、



 雪ちゃん(もう一人のチムメンさん)「(マイショップに出品していたらしく、側転が)買われたww
 雪ちゃん「君(竜の旦那)か!ww

 わたし「なんというww」

 竜の旦那「なるほど
 竜の旦那「黒(下着の色が)だな


とか。


特に何か意味があってやっていたわけではないし、1人でやってるのも楽しかったですが、
ここまで発展するとは思ってなくて、笑いを堪えるので必死でした。


意味はないけど、なんだか楽しい。


私にもあるなぁ…、そう思ったつい最近。

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

【PSO2】手のひらから零れないように。

さて、最近…なのかな。

もう大分経ったようにも感じますし、
つい先日のようにも感じます。

チームに入って幾日か。


気の合う仲間との冒険も楽しくて、
出会った友人たちとの冒険も、
知らない人と出会う野良も楽しくて、
今のチームに出会えたことは本当に私にとって嬉しいことです。


そして、それはハガル(船9)でのお話。
では、ケン(船6)は…?



数日前までは「未所属」でした。
思うところがあって、今はチームに所属しています。



私1人のための自分用のチームに



以前の記事で、「その人たちと楽しみたい」を優先したいから「自分用のチームも作らない」と書きました。
でも、ケンで作ったチームは「自分だけのチーム」です。



一か月で前言撤回!?早いな!?



自分でも早いなーと思うのですが、
これもある意味では「その人たちと楽しみたい」という気持ちと、
「これから新しく出会う人達と楽しみたい」という二つの気持ちを優先させた結果です。


わたしは、今ハガルにいるチームの人たちが大切です。

でも、もしもここでケンでもチームに入ってしまったら…?



大切なものが二つも出来ることは、とても幸せなことだとは思います。


ただ、私は器用な人間ではないので、
こっちのチームの人たちと話して、
あっちのチームの人たちと冒険してー、
野良もやってー、フレンドさんとも遊んでーっていうのは…難しい。


野良をする時間もフレンドと遊ぶ時間も欲しいから、
一気に大切にしたい縁が増えることを防ぐ目的もあって、
自分だけのチームを立ち上げました。



まったりと、気ままに、楽しんで、色んな人に出会えたら嬉しいなぁ。



テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

【PSO2】まったり、楽しむ。

先週のレアドロ報酬期間には、チムメンと固定緊急をしたりアルチに潜ったり、
チャレンジクエストに潜ったりして、この報酬期間を楽しみきった気がします。



そこで、



最近は高レベル帯に行くことが多かったので、
今回は、なりきりキャラBさんを使って、のんびり野良で森林を探索です!




プレイスタイルはもちろん「みんなで楽しく」




残念ながら、誰かとPTを組むことはなりませんでしたが、まあ…それはそれ。


久し振りに、「風景」を楽しみながら進めてみましょう。

pso20150909_190409_000.png
定番と言っても過言じゃない。
遠くから見える雪山は、何度見てもわくわくします。
早くあそこに行けるようになりたいなー!
(Bさんでは、まだそこまでアークスクエストを解放してません、まったり)




pso20150909_190459_001.png
人がいないからこそ、迷惑をかける心配がない!
ということで、上の方にカメラをぐいっと寄せて探索開始!

砂埃が目に痛いッ!(笑)

でも、上を眺められる角度で進むクエストも楽しいです。
鬱蒼と茂った森を進む様子は、まさにRPGっぽくて大好き!
冒険してる感じがします。

難点は、エネミーが出てきても確認できないこと。
だから今回は1人で良かったかな。



pso20150909_190632_003.png
懐かしい、空の色。
そう言えば、なりきりAさんでもこの空を、とある緊急で見たなぁ…と懐かしくなりました。

あの時も、1人。
今回も、1人。

この空を眺めているのは自分だけ。

ちょっとだけ、宝物を独占してる気分になりました。


晴れた空も大好きだけど、
雷雲が広がってる空も大好きです。


森林の落ち着いた音楽に耳を傾けながら、
今回の冒険はここで終了。


しみじみと、「ああ楽しいなぁ」と思えた夜でありました。

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

【PSO2】限界に挑戦。


ここ最近は、ちょくちょくチャレンジクエストへ向かっています。こんにちは。


pso20150902_000728_000.png

座っていたら、ちょうど隣に美人さんが座ってくださったのでパシャリ。



・チャレンジクエスト「始動」
・チャレンジクエスト「決断」

前者は、がっつり手ごたえを楽しみたい人に向いているクエストで、
後者は、さくっと手軽に、でもコツコツと堅実にマイルを貯めたい人に向いているクエスト…という印象です。


さて、このチャレンジクエストですが、
私は、以前に行われたマイル倍増期間より前には殆ど行ったことがありませんでした。


理由は、かんたん。



自分の腕に自信がないから、です。



「チャレンジクエスト」というものは、
全員が「レベル1」「装備なし」から始まるクエスト。


スキルや良装備によるごり押しも通用しない、このクエストのクリアーは一人一人の腕次第…っ!


そんなプレッシャーには耐えられないです、ほか行きます。
なにより、攻略Wikiを見たけどギミックを覚えるのが面どryげふんげふん。
と、なっていたのが以前までのわたし。



初心者歓迎、教官もいるから安心よ!



マイル2倍の報酬期間に、そんな声掛けをしていらっしゃったのは、とっても美人な男の娘。
自他ともに認める美の女神。

その人の人柄は存じ上げていたので、
この人が主催するチャレンジクエストなら行ってみようかな…と、軽い気持ちで行きました。



教官と呼ばれたイケメンさんとパピヨンマスクさん。
この二人の説明を聞いて、PTを組んでいざ出発!


「ここまで武器ドロなし!」
「真ん中の箱は割らないであげてね!」
「クーガーは、ここ」


飛び交うチャットに、協力しあう楽しさを、
みんなで強敵に挑む熱さを感じながら、

オススメ装備や、注意点を教えてくださるお陰でその日はなんと、
最終ステージまで辿りつくことが出来たのです!!!


私も含めて初心者さんが多いにも関わらず!
これって凄いよね。とても凄い!




「チャレンジクエストは敷居が高い」


ぱっと感じる印象は、こんな感じ。
でも、今のチャレンジクエストの印象はこんな感じ。



「死んで、覚えて、みんなと協力しあいながら先へと進む。」
「ギミックは、繰り返し行けば案外覚えて行ける。」



固定だったから楽しかったんだろう?

確かに、そうかもしれません。
でもですね、野良で行ったときも楽しい野良チャレがありました。



 野良メンバー「中央の箱は管理さんがくるまで割らないでねー!」
 私「おk」
 野良メンバー2「割るなよ!?絶対、割るなよ!?(前振り/ドリフネタ)」
 管理さん「もう来てるww」
 野良メンバー「あっれーwwww」
 私「ww」
 野良メンバー2「www」



 先行さん「そのセンサー俺じゃない(SA)」
 私「ww(大丈夫、分かってるよw)」
 他のかた「ww(分かってる分かってるw)」
 他のかた「SAww」
 他のかた「SAに笑うww」



和気藹々と、
誰かがセンサーに引っかかっても


 「どんまい!」
 「いける行ける!」



そんな声掛けがある、和気藹々としたチャレンジクエスト。

みんなが同じスタートラインに立っているからこそ、
協力し合う大切さと楽しさを感じられるのが、このチャレンジクエストなんだなーと、

今、改めて、某ブログの人が言っていた「チャレクエに行って楽しかった。このメンバーでクリアー出来るようになりたいから、頑張る」という言葉の意味を理解しました。



自信がないから…そう不安に思う方がいらっしゃるのなら、
自信がないからこそ行ってみるのはどうでしょう。


もしかしたら予想外に出来ちゃうかもしれません。
たとえ失敗しても「どんまい!」と、返ってくる暖かさがあるかもしれません。

まあ…野良だと無言のときも多いですけどね(すべての言葉を過去にするry)




それはともかくとして、私はみんなでわいわい騒ぎながら進めるチャレンジクエストが大好きです。





そして先日、チャレンジクエスト「始動」を踏破いたしました。(決断も、ですが)
他の方々がとてもお上手だったお陰ですが、
やりきった喜びは何にも代え難いものです。


なので「チャレンジクエストが楽しい」と思う人が少しでも増えるように、
今は役割の練習をさせていただいてます。


役割をこなせるようになれば、わちゃわちゃチャレクエの主催をしてもアドバイスとか出せれそうだし、
野良でも「失敗しても気にするなよ!」って言ったときに「何もしてないお前が言うな」って思われなさそうじゃないですか。


効率も大事だけど、
楽しさがもっと広がっていくと嬉しいですよね。

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

【PSO2】わくわくと、どきどきと(パート2)


そのときの楽しみたいことを思いっきり楽しむ…そんな私ですこんにちは。

チャレンジクエストの報酬期間中、
時間があればビギナーブロックでチャレクエに挑戦していた結果が今となります。
言い訳しません、遊んでました。


前回の記事から2週間ですねこんにちは!



さて、きたる8月6日。


黒い人で、黒域フリーの解放と期間限定経験値クエストへ行ったあと、
眼帯の人でも黒域を目指します。

メインに使うキャラくらいは、どのクエストにも行けるようにしておきたいですし、
なによりも、ずっと、楽しみでしたからね!!



絡新婦の即死攻撃!!!



無敵時間が発動するカタナコンバットですら防げないというこの技を、
いかに死んで、いかに回避するかずっと考えて考えて、考え込んで、

うきうき気分で、さくっとフリーエリアの解放まで済ませてしまおうと募集をしつつ黒の領域に足を踏み入れていたときのこと。


黒の民が落とす石を集めなければならないというのに、
出てくるエネミーはダーカーばかり!!!!


そんな中、1人の少女ロロちゃん(仮名)が眼帯さんのPTに降り立ちました。
「こんにちはー!」と軽く挨拶をしてフレパの2人を合わせて4人でぐるぐる。


あっちへぐるぐる、こっちへぐるぐる。


それでも黒の民は出てきません。



 眼帯さん「もしかして…避けられてる?」
 ロロちゃん「えーw」
 眼帯さん「黒の民にまで悪評が広がったか…」
 ロロちゃん「wwww」



そんな他愛のない会話をしながら、更にぐるぐる。



   そ    こ     へ     !!!




新たな勇者の到来です!
そうですね、天さんとおよびしましょう。

この天さんに、黒の民が出てこないために素子が集まらない旨を伝えたところ


なぜか


ほんとうに、なぜか



すんなり現れやがったよ!!!!てやんでい!!!!!!

すんなり素子も集まってフリーエリアを解放できたよ!!べらんめえ!!!

天さんありがとう!!!!!!



ロロちゃんと2人で天さんに感謝をして、
初の黒の領域フリーエリア!!!

黒い人では行っていなかったので、ドキドキですよ。
猛き闘争を!!!」と思っていたので難易度も最高難度のXH!!!


通常エネミーもレベルが高いだろうし、ボスはやっぱり手ごわいだろうし、
死んだら申し訳ないなーと思いながらも、わくわくでいっぱいだった黒域フリー。


ロロちゃんに回り方を聞かれたので、「とりあえずMAPを埋めたらボスエリアに行く」と伝えたのですが、



これが、まさかの



 天さん「クエストポイント500貯めないとボス行けないです」



なんだってーーーーー!!!!!????



ロロちゃん曰く、黒域フリーは他のフリークエストと違って、
500貯めてボスエリアに行くか、1000貯めてボスエリアに行くか選べるとのこと。



まじか。



ポイント集めって自分の気分でボスに向かえないから、だるryごほんごほん。



まあ私の目的は「ボスの絡新婦と戦うこと」だったので、
それならそれで選ぶ選択肢は1つですよね!!!



MAPを埋めながら、500ポイント貯めたらボスエリアへ!!!!



方針も決めて二人に伝えたところで…




 ????「お邪魔します」




待ってほしい。
いや、PT突撃は待たなくて良いです。むしろ歓迎です。



 そ こ で は な く て 、 ですね。



黒い人で行っていたときには、「誰かくるかな?わくわく(*'▽')」→「だれもこないね!あはっ(´>ω∂`)」

眼帯さんで行ってきたときには、「ふっ、これでまたソロだったらそれはそれでネタになるぜ」→「4人集まったー!わーい!!!٩(ˊᗜˋ*)و」



みなさんツンデレですか!!!!????


新しい焦らしプレイですか!!!!????



どちらにせよ、ありがとう!!!!!!!




新たな仲間(青さんにしましょう)も加わって、方針を伝えたところ快く了承をいただいたのでいざ出発!!



現れるナイトギア。
現れる玩具ダーカーのロボット。

そして、気付かない内に始まって終わっていた、新しいエマージェンシートライアル。



 眼帯さん「もしかして、新しいET始まってた!?」
 青さん「もう終わったw」
 眼帯さん「くそーっ!!!!!見たかった!!!次こそは追いつこう!」



半身半馬の新エネミーに驚いたり、格好いいと叫んだり。


なんか私がやたらと叫んでいただけのような気もしますが、
それを五月蠅いと言わずに受け止めてくださる方がいるというのは、

とても有難いことだな…と、こうして誰かと一緒に行くたびに思います。



そんなこんなで、あっという間に貯まった500ポイント。



・一匹目:鎌の薙ぎ払いに悪戦苦闘しつつもクリアー。とくに危機的状況には陥らずクリアー。

・二匹目:先行、というやり方を教えてもらう。とくに危機的状況には陥らずクリアー

・三匹目:様子を伺いつつ、死の宣告を待ちながら、とくに危機的状況にはry以下略

・四匹目:そろそろ寝る時間だなーと思いつつ、とくに危機的ry以下略



この日は、「他の3人の方々が強くて、きっと発動する間もなかったんだろうなー」とか、
「私以外は慣れてる方のようだしなー、また明日行ったときに見られると良いなー」と思いながら、
寝る時間がきたので、お別れをしてログアウト。


後日、ツイッターなどで情報収集をしていたら



 「絡新婦は命だけではなくブロックすらも刈り取っていたのか




What?????


ブロックが消えるというバグで緊急のメンテナンスがあったのは知ってましたし、
それでエネミーの挙動が修正されていたのは知ってましたが…


まさか????

まじで????



なんてことだぁああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!



めちゃくちゃね、楽しみだったんですよ。
カタコンですら有無を言わせずに即死させるという、その技が。

まさか、実装日の翌日に、体験出来なくなるなんて…思いも…よらず…orz




教えてくれ、アークス達よ。
この、やり場のない戦闘狂いをどこにぶつければ良い…?





そして私は、チャレンジクエストへと向かうのでした。




あ、あと最近はVH装備、Br75Bo50、弱PAのみの使用でボスラッシュを始めました。
アイテム未使用、床ペロなしで次のエリアのボスに向かう縛りプレイです。

いかに自分が装備とスキルに頼っていたのかがよく分かって、楽しいですよ!



それにしても…、命を刈り取る技が、一刻でも早く復活することを祈ります…。

テーマ : ファンタシースターオンライン2
ジャンル : オンラインゲーム

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
大好きなサイト様
・リンクフリーに甘えて報告なし。
・お気付きになってもリンク返しは結構です。

全てが脂肪になる
ファルコム作品(他 / マリーさん
DCC
ファルコム作品(他 / エイルさん
Candy Wagon
世界樹の迷宮 / 羅那様 
R+
世界樹の迷宮 / アキヒトさん
プチルーレット
STING作品 / 杉川さん
はちみつシアター
FE(他 / AKさん
PSO2~これからblog 自分らしさから
PSO2 / フロルーさん
黒羊のPSO2堪能記録
PSO2 / 黒羊さん
はじめてみました、PSO2
PSO2 / ねこさん

 PSO2 / ふらさん

 PSO2 / kEnさん

 PSO2(他 / ごいちさん

PSO2ブログ巡回屋

PSO2 SA wiki
PSO2 攻略wiki


最新記事
最新コメント
【 リンク 】
このブログは、リンクフリーです。
貼るも剥がすもご自由にー!

管理人:のの字
URL:http://mmkr2.blog.fc2.com/


【 応援 】
【 管理用リンク 】
RSSリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。